サラリーマンの「昼食代」「アフター5の飲み代」はいくらなのか

2011年 01月 17日

デフレの長期化で、サラリーマンのお父さんたちのお小遣いが減っていると聞きます。
いったい、どのくらい減少しているのでしょうか。

カードローンの「レイク」が、20~50代の1,000人のサラリーマンを対象に調査を行い「2010年サラリーマンの小遣い調査」と題して、プレス向けに発表しています。

[PR]
PBXの導入提案から設置までオフィス、コールセンターで幅広く対応。Avaya,AspireXならMBIへ
年賀はがきと圧着はがきを貼り合わせた特別な年賀状 DMでお正月商戦をPRしませんか
緑内障 東京の緑内障専門「とみどころ眼科」
鎌倉 骨董品鎌倉 茶道具鎌倉 絵画、査定はえんやグループまでお電話ください。
片段巻段を製造しているコンポー株式会社は、ほとんどどんな段ボールでも製造できる技術を持っています。
SEO対策ならライトアップ!
★公認会計士&税理士のWライセンスの会計事務所だから結果を出してお答え致します!★
新規事業セミナーによる、新たな収益源提案実施中。格安プリンター優先提供も。ビジネス・経営者向け情報多数。販売代理店募集継続中。

それによると、昨年の45,600円から一挙に5,000円ダウンして40,600円となり、厳しいフトコロ事情が明らかになりました。
こうした背景には、「給料がなかなか上がらない…」という現状があるようです。
その点についてズバリ、「昨年、昇給はありましたか」という問いに、56.8%が「なかった」と回答。昇給が「あった」人を逆転したのは2009年のことですが、その比率をさらに上回りました。

こうしたフトコロ事情の厳しさを、どのようにしてしのいでいるのでしょうか。

小遣いの使い道として一番にあげられる「昼食代」をみると、2010年は前年よりも90円の大幅ダウンとなり、ついに500円になりました。
この数字は過去10年間で最も低い金額です。
ちなみに、2001年の昼食代の平均は710円で、そこからずっと減少傾向が続いています。
また、最近では「弁当持参」も増え、「コンビニなどの弁当」「社員食堂」「外食」を抑えてトップでした。

また、アフター5の飲食の回数をみると、2009年の1ヶ月に3.3回から2.9回に減少し、こちらも3年連続ダウンとなりました。
1回当たりの飲み代は、2009年より1,000円近く下がり4,190円。
サラリーマンのお父さん方の節約志向は、いっそう強まっているといっていいでしょう。

 データ参照先 

[PR]
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
東京 経理代行 1時間1,700円から 東京 新宿の経理まるごと.com
エコムエアマスクは、CLO2の力であなたの周りの空間を除菌・消臭。ウィルスブロッカー
東京近郊で異業種交流会、ビジネス交流会、ビジネスマッチングを推進
最新ニュースを取り扱ったビジネスマン・キャリアウーマン向けサイト
確かな環境分析データを高い技術力と積み重ねた長年の経験で提供できるのは静岡県帝人グループの東邦化工建設です。環境分析を通じて環境保全のお手伝い。環境分析のご相談は静岡県・東邦化工建設分析センターまで。
営業コンサル会社が提供する営業支援営業アウトソーシング営業代行、テレマーケティング



WordPress Themes