コンタクトユーザーの花粉症対策

2011年 01月 15日

2011年の花粉飛散量は、2010年の約5倍との予測がされています。
こうした予測を受け、各社が花粉症対策に関連するさまざまな商品の発売を始めています。

そのようななか、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、本格的な花粉シーズンに先駆けて、花粉症に悩まされている20~40代の使い捨てコンタクトレンズユーザー600名を対象に、「花粉症についての意識調査」を行いました。

[PR]
最新ニュースを取り扱ったビジネスマン・キャリアウーマン向けサイト
遺族年金のことなら社会保険労務士、小松原経営労務管理事務所にお任せ下さい。
中古レンタル機械をオークションへ委託出品をお考えの方を募集しております。
鎌倉 骨董品鎌倉 茶道具鎌倉 絵画、査定はえんやグループまでお電話ください。
◆一般的な税理士事務所ではない公認会計士&税理士のWライセンスの会計事務所です!◆
新規事業セミナーによる、新たな収益源提案実施中。格安プリンター優先提供も。ビジネス・経営者向け情報多数。販売代理店募集継続中。

花粉飛散期にもコンタクトレンズを装用している人は、「コンタクトレンズの装用頻度を抑えている」と答えた人を含め、全体の98.4%に達しています。
その理由についてたずねると、「いつもコンタクトレンズなので、メガネを使用するのは不便を感じるから」と答えたのが42.2%で最も多く、次いで「メガネを使用したくないから(見た目が気になる)」が31.2%でした。
コンタクトレンズから眼鏡に変えるとで、ライフスタイルや見た目が変わることへの抵抗がある様子がうかがえます。

ただし、花粉飛散期は目に入った花粉がコンタクトレンズに付着してしまい、常に目の中に花粉がとどまるため、アレルギー症状を持つコンタクトレンズ装用者にとってはつらい状態になります。

この点について調査すると、花粉飛散期には普段よりも、「目の違和感や、コンタクトレンズ装用感の低下を感じている」(78.7%)、「目の乾燥感がある」(54.7%)など、違和感があるようです。

そこで、実際に1日のうちでコンタクトレンズを新しいものに取り換えることがあるかを聞いたところ、「1日使い捨てタイプのユーザーで」は「ある」もしくは「時々ある」と答えた人が30.8%に達することも分かりました。
いっぽう、「使い捨てタイプのユーザー」の場合でも、54.0%のひとが、花粉飛散期にはコンタクトレンズの交換期限前にもかかわらず、見え方や装用感の低下を感じてレンズを取り換えたりしていることが分かりました。

 データ参照先 

[PR]
確かな環境分析データを高い技術力と積み重ねた長年の経験で提供できるのは静岡県帝人グループの東邦化工建設です。環境分析を通じて環境保全のお手伝い。環境分析のご相談は静岡県・東邦化工建設分析センターまで。
サービスをおとさず格安報酬(年額10万円~)世田谷区の経験豊富な若手税理士が、あなたの会社をサポートします。
ストレスチェック制度の概要・流れ、ストレスチェック 集団分析対応サービス
PBXの導入提案から設置までオフィス、コールセンターで幅広く対応。Avaya,AspireXならMBIへ
離型剤塗布装置ディップコート、ディップコーティング装置のことならSDIへ
SEO対策ならライトアップ!



WordPress Themes