花粉大量飛来に備えて…  花粉症対策の実態について

2011年 01月 06日

「2011年の花粉飛散量は2010年の5倍以上……」
そんな情報がニュースなどで取り上げられていることから、今年は早めに花粉症対策をしている人が増えています。

そこでトレンダーズ株式会は、特設サイト「2011年 花粉対策 最新トレンドNEWS!」を12月20日にオープンし、2010年12月2日~12月3日の間に「花粉症に関する意識調査」を実施しました。

[PR]
蛍光灯明るさそのまま消費電力最大80%削減【株式会社フレックス】LED 蛍光灯
鎌倉 骨董品鎌倉 茶道具鎌倉 絵画、査定はえんやグループまでお電話ください。
緑内障 東京の緑内障専門「とみどころ眼科」
拘りのディップコーター(ディップコーティング装置)でディップコートの未来を導く
東京近郊で異業種交流会、ビジネス交流会、ビジネスマッチングを提供
他の家具店にはないものばかり。本物のアメリカカントリー家具ならイエローフラッグへ。
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
ゲレンデバーゲン専門店 認証工場完備ベテラン2級整備士の3人に全てお任せ下さい

まずは、20~39歳の男女合計8,486名に事前調査を実施ました。
そこで「あなたは花粉症ですか?」と聞いたところ、51%と2人に1人が「自分は花粉症である」と答えています。
さらに花粉症になったタイミングは、「3年以内」と答えた人が27%と最も多く、「6~10年前」が23%、「4~5年前」が19%と続いています。

花粉飛散量が多かった2009年を含む「3年以内」と、大量飛散した2005年を含む「6~10年前」がそれぞれ高い数値になっていることから、花粉飛散量が多い年に花粉症になる人が増える傾向にあることが分かります。

ちなみに、花粉症でない人に、「2011年は『花粉症になるかもしれない』と思いますか?」と聞いたところ、3人に1人が「思う」と回答しています。
2010年の5倍と予測されている2011年に向けて、予防意識がかなり高まっていると考えられます。

次に、20~39歳の花粉症の方500名にはじめて花粉症になった時のことについて調査を実施しました。
まず、『自分は花粉症かもしれない』と自覚した時の症状についてたずねると、「鼻水」が最も多く80%で、以下、「くしゃみ」が67%、「目の痒み」が61%、「鼻づまり」が47%と続いています。
の順となった。

さらに、花粉シーズンが本格化する前の12月の時点で、どの程度、花粉症の症状が現れているのかを調べてみると、「すでに出ている」と答えた人はすでに15%に達していました。
また、12月2日~3日の時点で、何らかの花粉対策をしているのかたずねたところ、21%が対策を講じていました。
具体的な対策としては、「マスク」(55%)や「飲み薬」(40%)、「食品(ヨーグルト・甜茶など)」(37%)などが多くみられました。

 データ参照先 

[PR]
豊富な中古機械を世界中のバイヤーに向けて販売するオークションサイトです。
溶剤回収装置 の設置、メンテナンスを通じて循環型社会を目指し、溶剤回収装置にて環境保全、コストカットのお手伝い。溶剤回収装置は帝人グループの静岡県・東邦化工建設株式会社まで。
美容室 ソフトウェアで顧客管理・売上分析・来店管理 サロンディレクタープロⅢ
最新ニュースを取り扱ったビジネスマン・キャリアウーマン向けサイト
狭い場所だけを効率よく冷やす100%冗長、オールインワンシステムの【サーバーの冷蔵庫】空調完結型防音ラック《ココデス》登場。サーバールーム新設をよりエコに。
★公認会計士&税理士のWライセンスの会計事務所だから結果を出してお答え致します!★
プラスチック特性を生かした物質移動用規則充填物は第一エンジニアリングのMIRAX
SEO対策ならライトアップ!



WordPress Themes