サイクロン式の掃除機が売れています!

2011年 01月 05日

このところの売れ筋商品に、サイクロン式の掃除機があります。
サイクロン式の掃除機は、吸い込んだ空気を内部で旋回させてゴミと空気を分離する仕組みになっているため、紙パックが不要です。
さらに、目詰まりが起こらないほか、吸引力が長持ちしやすいといった特長があります。

[PR]
これまで1000件近くの経営革新計画の支援実績をベースに、経営の基本をわかりやすくノウハウ化。創業に必要な知識だけでなく、様々な会社の事例を基に、創業を成功に導くためのセミナーを開催しています。
中野区 眼科の緑内障専門「とみどころ眼科」
東京近郊で異業種交流会、ビジネス交流会、ビジネスマッチングを推進
狭い場所だけを効率よく冷やす100%冗長、オールインワンシステムの【サーバーの冷蔵庫】空調完結型防音ラック《ココデス》登場。サーバールーム新設をよりエコに。
SEO対策ならライトアップ!

サイクロン式の掃除機を開発したのは、イギリスの家電メーカー「ダイソン」。
国内には1999年から登場しています。
一方、国内メーカーでは、シャープが99年に初めて発売しています。

2010年度は、国内の掃除機販売台数で、約4割がこの「サイクロン式」だったとのデータがあります。
さらに、低価格の商品ではなく、5万円を超える高級機種の売れ行きも好調だったようです。

ちなみに、最近の売れ筋のサイクロン式掃除機は、パナソニックが2010年の9月25日に発売した、フィルター付きサイクロン式掃除機「MC-SSシリーズ」。

 出典 パナソニック プレスリリース 

サイクロン式掃除機の、「ゴミ捨てが面倒で、捨てるときにゴミが舞い上がってしまう…」「ゴミを吸い込んでいるときの音がうるさい…」といった問題点を克服したことで、人気となっています。

パナソニックによると、高付加価値タイプの掃除機の販売は、サイクロン式が高い構成比を占めているとしたうえで、「サイクロン式の購入者が重視するポイントは、パワーの持続やゴミ捨ての簡単さが上位に挙げられる……」との分析をしていました。

こうしたニーズを製品開発に取り入れたことで、人気商品となったのでしょう。

[PR]
物流ロジスティクスの専門誌 月刊LOGI-BIZ トラック運賃情報など多数掲載
鎌倉 骨董品鎌倉 茶道具鎌倉 絵画、査定はえんやグループまでお電話ください。
理容室・美容室 顧客管理ソフトならサロンディレクタープロⅢ
節電 グッズ/計画停電も囁かれるこの夏、各々が積極的に節電していきましょう!節電促進グッズがズラリ!
溶剤回収装置 の設置、メンテナンスを通じて循環型社会を目指し、溶剤回収装置にて環境保全、コストカットのお手伝い。溶剤回収装置は帝人グループの静岡県・東邦化工建設株式会社まで。
最新ニュースを取り扱ったビジネスマン・キャリアウーマン向けサイト
長野市 骨董品長野市 絵画長野市 茶道具、骨董品買取なら:えんや 大阪 アンティーク、大阪 掛け軸、大阪 遺品
税理士 博多で税理士をお探しなら細川誠哉税理士事務所
アクティオは建設機械及び情報化施工レンタル対応で普及促進をしています。



WordPress Themes